ナンダクマール氏を迎えてのコンサート、後半はひとり語りの古屋和子さんによる「どんぐりと山猫」でした

2日間のリハーサルを経ての本番でした

日本語の意味を理解して、伴奏しているかのような舞台でした

観客の皆さまも、宮澤賢治のお話の世界に引き込まれたのではないでしょうか

 

小原孝博さんによる写真をいくつかご紹介します

お話を想像しながら、お楽しみくださいませ

photo by Takahiro Kohaa
photo by Takahiro Kohara
photo by Takahiro Kohara
photo by Takahiro Kohara
photo by Takahiro Kohara
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。