サイトへ戻る

2019/9/23(mon)

富士市でレクチャーをします

Lecture on Kutiyattam in Fuji

· 公演情報,レクチャー,クーリヤッタム,Mizhavu,idakka

富士山の麓、富士市でクーリヤッタムを紹介するレクチャーをすることにしました

「南インド・ケーララの伝統文化を知ろう」

お話とデモンストレーション:岩田豊美、入野智江ターラ

日時:2019年9月23日(月・祝)14:00 スタート
会場:富士市文化会館ロゼシアター 第1練習室(静岡県富士市蓼原町1750)
会費:2,000円(要予約)
ご予約・お問合せは岩田、もしくはアビナヤラボ・入野まで
南インド・ケーララ州に伝わる伝統演劇「クーリヤッタム」
この芸能の魅力を実演を交えてご紹介します
「クーリヤッタム」とは?
世界最古の演劇ともいわれ、2008年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されています
ムドラと呼ばれるハンドジェスチャーを使って、手話のように言葉を表わし、
また、目と顔の表情を駆使した細やかな感情表現や、ひとりでふたつ以上の役を演じ分ける演技も特徴的です
舞台装置をほとんど使わずに、演者の身体ひとつで神話の世界を描く演劇です
伴奏に使われる太鼓ミラーヴイダッキャもご紹介します。
お楽しみに!
プロフィール
岩田豊美(富士市出身)
マリンバ奏者として活動後、現在、インド古典劇「クリーヤッタム」演者、その伴奏楽器であるミラーヴの奏者として活動中。
G.ヴェーヌ氏にナヴァラサ、入野智江ターラ氏、ウシャ・ナンギャール氏にナンギャールクートゥ、V.K.K.ハリハラン氏にミラーヴを師事。2018年1月、ケーララのミラーヴカラリにてナンギャールクートゥの初舞台(アランゲッタム)を踏む。
 
入野智江ターラ
1994年より南インド・ケーララ州をたびたび訪れ、故グル・アマヌール・マーダヴァ・チャーキャールのもとで、サンスクリット古典劇の研鑽に励む。インドと日本で公演を行っている。伴奏打楽器ミラーヴの演奏と普及にも力を入れる。
南インドの伝統打楽器ムリダンガムやイダッキャなども演奏する。
「アビナヤラボ」主宰。
オリジナル竹楽器のグループ「東京楽竹団」の創立メンバー。
JML音楽研究所、南インド芸能クラス講師。
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。