2022 Keraleeyam Award 受賞

 

· diary

I am so honoured to receive the Keraleeyam Award 2022 from NihonKairali.

I shall continue learning the art forms of Kerala and its culture and promoting it in Japan. Especially with a focus on Kutiyattam, the Sanskrit classical theatre.

 

この度、日本に住む南インド・ケーララの方々の「ニホンカイラリ」からケーラリーヤム賞をいただきました。大変光栄に思っています。

1993年に初めてケーララを訪れ、ケーララが大好きになって、その文化・芸能を学んできました。

日本でもその魅力を知っていただきたいと願って、普及に努めてきました。

「ニホンカイラリ」の方々が、その営みを認めて下さったことをとても嬉しく思います。

これからも、サンスクリット古典劇クーリヤッタム、ナンギャールクートゥをはじめとして、ダンスや音楽などを学び続け、パフォーマンスをして、いろいろな方々に出逢い続けていきたいと思っています。

バガワーンの恵みを身近に感じ、偉大な師たちの祝福に感謝し、足下に礼を捧げます。

2022年10月8日(土)に授賞式がありました。

その後、ナンギャールクートゥのデモンストレーションをしました。

ヤショーダがクリシュナの口の中に全ての世界を見るエピソードのほんの一部だけでしたが、このような機会をいただき、ありがとうございました。

Mizhavu : 畑板智保(Chiho Hataita)

Talam : 岩田豊美(Toyomi Iwata)

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。